妊娠中には何かと気を使うものです。肌につける成分なども、毛穴を通して胎盤まで到達してしまうと胎児に影響があるのではないかと心配になってしまいますよね。実際、妊娠中に美容院に行く場合でも、パーマは液の化学成分が毛穴から体内に入ってしまうので、できればかけない方が良いといわれています。ムダ毛処理でも同じで、脱毛剤など、肌にたっぷりと塗ってしばらく放置するようなタイプのムダ毛処理は、妊娠中はできるだけ避けた方が良いといわれています。

 

妊娠中にはホルモンバランスが崩れるので、ムダ毛が生えやすくなってしまう人もいますし、お腹が大きくなるとなかなかムダ毛処理まで気が回らないことも少なくありません。それに、お腹が大きい妊婦さんがムダ毛処理をする場合には、できるだけ短時間でサッと処理できる方法を選んだ方が、お腹が張ったりしなくてすむのでおすすめです。

 

妊娠中のムダ毛処理で気をつけた方が良いのは、妊娠後期になってお腹が張りやすくなった場合には、できるだけお腹が張らないような処理法でムダ毛を処理した方が良いかも知れません。電動ローラータイプの脱毛器は広い面積のムダ毛でも短時間でスッキリ脱毛できるので家庭で行なう脱毛方法としてはとても人気があります。しかし、電気ローラーによってムダ毛を引き抜く事によって肌が緊張し、お腹が張る原因になる事もあるので気をつけましょう。妊婦さんの中には、妊娠後期にローラータイプの脱毛器を使い、お腹が張って、そのまま早産につながったというケースも実際にあるようです。

 

レーザーやフラッシュタイプの家庭用脱毛器を使う場合にも同じです。妊娠前から使い慣れている人でも、お腹が張ってきたら使用をやめるようにしたり、ハイジニーナエリアは肌の向こう側にいる胎児にどんな影響があるのか分かりませんから、ハイジニーナエリア以外の脱毛に使用したりして工夫すると良いでしょう。

 

妊娠中にムダ毛処理できる場所は、お腹の大きさや胎児への影響などを考えると、脇の下、肘下、ヒザ下ぐらいではないでしょうか。

 

お得な家庭用脱毛器をアマゾンで探す!

 

家庭用脱毛器 当サイト人気ランキングを見る!