エステ脱毛と抑比較される医療脱毛は、病院やクリニックなど、医師が常駐している医療機関で行なう事ができる脱毛の事です。医療脱毛は、美容外科や美容皮膚科などの美容系クリニックで行なう事ができるだけでなく、総合病院の皮膚科などでも場合によっては脱毛してもらえる事があります。ただし、総合病院の場合には、美容目的で脱毛を行なっているわけではないので、断られることももちろんあるようです。

 

医療脱毛は、医師が医療行為として脱毛をする事ができるのが大きな特徴です。光脱毛でもレーザー脱毛でも、より大きなダメージを毛根に与えるためには、照射出力をできるだけ高くしなければいけません。そうはいっても、出力を高くしすぎると火傷のリスクもできてしまいますし、痛みも大きくなってしまいます。そのため、医療のプロが常駐しているわけではないエステでは、万が一の事故やけがなどを防ぐために、施術の際の照射出力がかなりセーブされているというわけですね。しかし、医療脱毛の場合には、本人の痛みなどに合わせて出力をかなり高くする事もできるので、エステと比べると短い期間で脱毛が終了するのが大きな魅力です。

 

エステでの脱毛は、何回かの施術がパッケージになっていてリーズナブルに脱毛できることも多いのですが、医療脱毛の場合には、基本的には施術のたびに費用を支払う事になります。そのため、エステ脱毛と比較すると、脱毛を始めてから終了するまでにかかるコストがかなり高くなってしまうというデメリットもあります。医療脱毛は一度の施術でもかなり大きな永久脱毛効果を期待する事ができますが、それでも最低4回〜6回ぐらいの施術が必要になります。

 

医療脱毛を賢く利用する方法もあります。それは、エステでリーズナブルな脱毛プランを数回こなして毛量をある程度少なくしてから、強力な出力で照射できる医療脱毛に挑戦する方法です。この方法はエステ脱毛と医療脱毛の両方を行なう事になるので時間は掛かってしまいますが、部位によっては痛みを少なく、そして費用も低く抑える事が可能です。

 

おすすめの医療脱毛クリニック・カルミア美肌クリニック公式サイトはこちら