鏡を使っても色が薄いためになかなかはっきり確認することができない産毛。しかし産毛は意外とびっしり生えていることが多く、特に年齢を重ねた肌になると女性ホルモンが低下するために男性ホルモンの分泌が活発になり、産毛の量も増えてしまうことが多いようです。産毛を放置していると、肌がくすんで見えたり黒っぽく透明感がなくなって見えてしまうので、肌にとってマイナスの影響はなくても見た目にマイナスとなってしまいます。

 

そんな人にオススメなのが、手軽に使える「うぶ毛エピローラー」。産毛処理の美顔器はたくさんありますが、うぶ毛エピローラーは電源などを一切使わず、いつでもどこでもさっと使えるのが魅力の産毛処理器として人気があります。ヘッド部分に搭載されている細かいローラーが産毛に絡みついて引きちぎってくれるので、慣れないうちは少し痛みを感じることもありますが、慣れてくるとその痛みが快感になってしまうという人も多いようです。

 

産毛がふさふさに生えていても、自分では全く気付かないという事は多いもの。しかし、一度産毛を処理してみると、肌のトーンが明るくなるだけでなく、肌触りもツルツルになって気持ちよくなりますし、何よりもメイクのノリが格段にアップするので、毎日のメイク時間が楽しくなること請け合いです!

 

うぶ毛エピローラーは、顔用とボディ用の2種類がラインナップされています。どちらも価格は1980円ですが、ハンドル部分のカラーが異なるので、色で見分けをつけると良いでしょう。ハンドル部分がピンク色のものは、細くて短い顔の産毛などにピッタリのローラーが搭載されていて、ハンドル部分がブルーのものは、太くて長めのムダ毛処理に使うことができます。

 

産毛だけではなくムダ毛の処理にも使えるのがうぶ毛エピローラーの特徴。ローラー式の脱毛器を使っていた人などは、ぜひ使比べてみるのも良いかもしれませんね。うぶ毛エピローラーは電源を一切必要としないので、バッグの中に携帯して、必要なときにサッと脱毛するという使い方もできます。

 

▼うぶ毛エピローラーをアマゾンで探す